狂犬ツアー@川崎 墓標の原理 | MADDOG Labo

1/4

狂犬ツアー@川崎 墓標の原理

狂犬ツアー川崎_動画配信案内資料.pdf

¥3,300 税込

ダウンロード販売の商品
購入後にDL出来ます (62873バイト)

狂犬ツアー@川崎は、川崎UNICOビルにある女子プロレスの練習場で開催されました。リングの上からお話するという新感覚な形式でございます。笑

当日は「墓標の原理」に迫りながら、NENGOの的場さんにも参戦頂いたトークをさせて頂いています。

NENGOさんは建設不動産の会社でありながらも、まさにまちに必要な事業を仕掛ける会社。全国には作ったけど何もしないまちづくり会社がたくさんありますが、NENGOさんはそういう意味では本当のまちづくり会社のような仕掛けを色々と取り組んでいらっしゃいます。

さらに本題の墓標の原理解説では、全国各地の事例について触れております。墓標関連の資料は大抵はネットで公開されなかったり、公開されていたものもすぐに削除されてなかったものにされたりするのですが、AIAの粘り強い情報収集により笑、各種秘蔵資料などもあるのでそれらも紐解きつつ、多くの事例と5つのポイントで解説をしています。

さらに最後は会場からの質問も受けつつ後半はエストニアなど北欧の話そして学校教育やポスト2020の日本社会などにも及ぶ大変白熱した時間でした。

ということで、合計すると二時間を超える動画になりますが、どうぞ皆様お楽しみください~!!!

(参加者の声)

「参加しての感想は…おもしろかっただけでなく、今後の私のやるべきことが見つかった感じです。
これまでの公民連携の失敗事例から学ぶ成功事例は、ホントそうですよねーという内容でした。
公共施設ありきからスタートすると、やっぱり単年度予算はネックだし、建設予算は考えるけど、建設後は誰も考えていない。失敗が目に見えているにも関わらず、修正や中止ができない…当事者意識や、コスト競争力が欠けている…などなど。失敗しないためには、失敗事例の逆をやる。当たり前だけど、そこがなかなか出来ない…だから失敗する。」

「記事を読んだことはあったのですが、実際にお話を聞いてみて、狂犬と言われるイメージに対して、こんなに情熱を持ちつつも、理性的に語れる人ってめずらしいのではないかと。
たくさんの失敗事例を紹介しながら、どの自治体でも大なり小なり抱える組織的な課題を踏まえ、ただ批判で終わらせない話のまとめ方、経営の視点からの失敗事例の分析と成功への道筋、海外の事例も取り入れた豊富な知識、それらを全て笑いに変えつつ話をしてしまうトーク力。とにかく面白かったです。」

ご購入されると、メールが配信され、そのメールに記載されているURLをクリックすることで動画配信情報が記載されたPDFをダウンロードすることが可能です。

その配信されるPDF内に私からのメッセージと動画配信URLが記載されております。そちらをご確認の上、URLをクリックしてご視聴ください。

  • お支払い方法について

¥3,300 税込

最近チェックした商品
    その他の商品